コーヒーを美味しく淹れること

最近、コーヒーを毎日2杯は飲んでいます。
洋菓子和菓子を問わず甘いものが好きな私ですが、コーヒーは決まってブラック。
もちろんいつもレギュラーコーヒーです。


紅茶も飲みますが、どちらが好きかと訊かれればやはりコーヒーと答えます。
昔は、コーヒーが特別好きではありませんでした。
嫌いではありませんでしたが、特別何杯も飲みたいとは思っていなかったのです。
ですから、正直美味しいとか美味しくないといった違いも、私には今一つ分かりませんでした。

しかし今は違います。
豆の違いも分かりますし、お湯の温度や入れ方によっても味が変わることを理解しています。
体調が良くて上手に淹れられた時は、酸味も抑えられていて香りも良く最高です。
あまり高級ではないコーヒー豆であっても、美味しい一杯が作れます。

しかし、面倒くさいと思いながら淹れたりすると、やはり面白い程それが味に出てくるのです。
その日の機嫌も、反映されてくるのかもしれません。
美味しい豆であっても台無しになってしまいます。

コーヒーは、甘くしなければ健康的な飲み物だと聞いたことがあります。
もともと砂糖もミルクも入れない私にとって、とても嬉しい情報です。
太る心配もありませんから、安心して飲むこともできます。

たまには喫茶店で飲みたいものです。
喫茶店で飲むコーヒーの醍醐味を知ってからというもの、無性に足を運びたくなる時があるのです。
しかもすぐそばに良いお店ができたので、行ってみたくてウズウズしています。
次のお給料が出たら、是非行ってみたいと思います。

それを楽しみにしながら、まずは頑張って仕事を進めていきましょう。

«
»