安くて早くて美味しい料理を作る

長年一人暮らしをしてきた私は、自分で言うのも何ですが料理にはけっこう自信がある方です。
しかも、安くて早くて美味しい物を作ることも得意です。
高級な食材を利用すれば、恐らく誰だってそれなりの物を作ることができるのではないでしょうか。


でも、安い食材と調味料で美味しく作る為には、色々な知識や経験も必要ではないかと思うのです。
そこが勝負なのです。
なんて言いながら、実は他に人に誇れるものが何も無いのでこのように言っているだけです。
子供の頃から、忙しかった母親の代わりに食事を作ったり後片付けをしてきましたし、だからこそその頑張りも褒めて欲しいのかもしれません。

私の子供は勉強はそこそこできるのですが、料理は全くできません。
興味も無ければ、料理を学ぶ意味も理解できないようです。
そんな子どもを見ていると、時々寂しい気持ちもしてきます。
料理やお手伝いをしてもしなくても、咎められることもないのですから。

自分と子供を比較したって仕方がないことなのに、ふとそんな気持ちになることもあるのです。
私には、私の生き方や特技、考え方がありますし、子供にも同じように私とは別の生き方や特技等があるはず。
それを、ただ受け入れて行かなければならないのでしょう。

でも、一つだけプライドを持って断言できることがあります。
それは、何を隠そうこの私の作った料理に惚れ込んで、主人は私と結婚することを決めたということ。
私の育ちも特技も、今のハッピーな結婚生活に確かに繋がっているということです。
もちろん、食材にあまりお金をかけないケチケチ料理は続いているのですが、胃袋を満たすことはできているようです。

»