化粧品売り場

化粧やアクセサリーなどにあまり興味がありません。
お肌のことなど、興味がない分、知らないことも多くて、
本当は店員さんに詳しく聞いたほうがいいのでしょうけれど、
化粧品売り場の店員さんって、なんとなく苦手なのです。
 
化粧品売り場で声をかけられると、
普段の自分をある程度さらけ出さないといけないような気がします。
どんな生活をしていて、どんな化粧をするのか。
これは必要な情報ですよね。
でも、初対面の人に自分のことを話すのは苦手です。
さらに、商品をすすめられると断り切れない性格でもあります。
自分のお肌の状態のチェックなどをされて現状を突きつけられると、
「そうは言っても、その商品はいりませんから。」と言い切る勇気がありません。
なので、店員さんのいる化粧品売り場にはできるだけ近寄らないようにしています。
ただ、年を重ねるにつれ、
本当にこれで大丈夫なのかと心配になったりもします。
私は顔にほとんど手をかけていません。
化粧も最低限、朝の洗顔は水とお湯のみ。
夜クレンジングしてお風呂から出たとき、美容クリームも何もつけません。
冬場、よっぽど肌が乾燥しているな、と思ったときに
化粧水を少しパシャパシャするぐらいです。
お肌の状態はそれほど悪くなく、
シミもあまりありませんが、明るい場所で鏡を見ると、
多少キレイにしておかないとマズイかな、と思います。
なので、顔のくすみをカバーする程度にファンデーションをのせるぐらいはします。
美容クリームも化粧水もろくに使ってもらっていない私のお肌。
数年後はどうなっているんでしょう。
店員さんとのコミュニケーションとるのが苦手で…とか
言ってる場合ではないかもしれませんね。

その忙しさは本物か?
業務効率向上の勤怠管理
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«