冬の楽しみ

「今年は、雪は降らないの?」と子どもに聞かれました。
「もう一度寒い時期はあると思うけど、無理かなぁ。」と答えておきましたが、
…雪が降りました。
あたり一面真っ白!
静かに降っていたようで、全く気がつきませんでした。

次の日は土曜日でした。
「雪で遊べる!」と前日から考えていたのでしょう。
下の子は学校がある平日よりも早い時間に起きていました。

窓を開けると、「雨降ってる…。」
なんとも残念なこと。
雨さえ降っていなければ思いっきり遊べたのに。

と思っていたら、
いつも遅い時間まで寝ている上の子どもも起きてきました。
雨降ってるよとは言ったものの、さっさと着替えます。
そして二人で外へ出て行きました。雨の中。

雨はそれほど強くはありませんでしたが、
雪は湿った状態、ところどころ溶けてきそうな感じでした。
雪遊びにはあまりよい状態ではありません。
それでも二人、雪合戦したり、雪だるまを作ったり。
かなり楽しそうで、きゃーきやー言っていました。

その後、お昼をすぎ、
もう雪遊びもいいだろうと思っていたら、
車で5分程度の丘に連れて行けと言います。
そこは去年、そりを持って行って、楽しく滑ったところです。

雨降ってるって!
嫌だと言ったのですが、子どもたちもしぶとい。
20分だけ行ってきました。
何度もは滑れませんでしたが、子どもたちの気はすんだようです。
小さな雪だるまを作って、
「家に持って帰る」と一緒に車に乗り込ませました。

普段はヒーターの前やこたつから離れない子どもたちですが、
やっばり「風の子」、冬のイベントは元気に楽しんだようです。

«
»