歌詞が無くても感動できる作品

何か音楽を聴くときに、歌詞を見ることで感動することもあると思います。
日本語の歌詞であれば、分かりやすくてよく伝わってくることでしょう。
しかし、外国語の歌詞であれば、良さを十分理解することが難しいかもしれません。


それはとても残念なことです。
それでも、好きになる曲もあります。
また、歌詞の無い音楽であっても、迫ってくるような非常に感動的なものもたくさんあると思います。
作曲した方は、きっと楽器やメロディーで色んなことを表現しようとしているのだと思います。

やはり、天才的な素晴らしい能力だと私は思います。
歌詞に関係なく感動したり深く味わうことができるという事は、恐らく国を問わず素晴らしさを伝えることができるということでしょう。
そんな素敵な方法なのです。

私には、やる気がどうしても出ない時に聞く曲があります。
ある時代劇のオープニングの曲で、本当に馬の蹄や戦、武士の気持ちを表しているようなそんな作品です。
これを聞くと、やる気が出てきますし、目も覚めるのです。

何かで聞いたのですが、本当は作業をする時は静かな曲の方が良いようです。
でも、私にはやっぱりこの曲しかありません。
きっと私のどこかにあるであろうスイッチを、パチッとオンしてくれるのです。

いつか、生演奏で聞いてみたいものです。
数年前に別の曲でしたが大好きな曲を生で聞いた時、感動して涙が出てきたことがありました。
胸が熱くなってくるのです。
私にも音楽の才能があったらなんて、もう考えたりはしません。

天才の作品を、じっくりと味わう方がずっと良いに決まっているからです。

«
»