中学校体験

今、小学校6年生のうちの娘。
もうすぐ中学校の体験入学というものがあります。
実際に中学校に足を運んで、
クラブ活動を見学したり、授業を体験したりするものだそうです。
その体験授業。
科目は子どもたちが好きなものを選べるそう。
娘が選んだのは、英語でも理科でもなく、
「技術」でした。
 
私が子どもの頃は、技術は男子の教科でした。
調理実習は男女一緒に目玉焼きを作った覚えがありますが、
技術の授業を私たち女子が受けた記憶がありません。
技術って、何をするの?と、娘に聞いたところ、
「ハンダづけしたり、ランプ作ったり…。」とのこと。
そうそう。うちの娘はもともと理科がすきなのです。
本気度は分かりませんが、
「将来ロボットを作りたい」と言っています。
その娘が選んだ「技術」の授業。
まだ体験の日まで日程がありますが、
楽しみにしているようです。
女子はうちの子どもだけかと思いましたが、
打ち合わせしていない割に、
友達で技術を選んでいる子もいたようです。
中学校の頃なんて、何してたかなぁ。
勉強もがんばっていたけど、
そんなにガツガツはしなかったように思います。
のんびり屋でマイペースのうちの娘。
中学校に行ったら、どんな生活になるんでしょうね。
勉強、友達、クラブも…。
本人はどんなものにどれぐらいの力を入れて参加するのかは分かりませんですが、
いろいろあって大変そうです。
ひとまず体験入学。
中学校生活が楽しみになるような、
希望のある体験になれぱ、と思います

元気な朝を迎えるために

朝を元気に迎えるたえには、睡眠が大切ですよね。
睡眠の質が良ければ、朝はとっても目覚めが良いと思います。
先日、睡眠に関して書かれた記事を読んだ時に知ったこと、それはどれだけ寝ればいいかはその人によって違うから最適な睡眠時間はないということでした。

とはいっても、もちろん人間はもともと昼型の生物なので、昼の方が仕事などの能力は上がるし、寝ないで仕事をして効率が悪いよりは、すこし眠ってから効率を上げる方がいいんですって。
また、子どもも同じで親はいろいろな資料で子どもはこれだけの睡眠時間が必要だと躍起になって子供を早く寝かせようとするけれど、子どもによっては大人みたいに睡眠時間が少なくても大丈夫な子もいるんですって。
だから、無理やり寝かせようとしても寝なくて子供も大人もストレスを感じてしまうよりは、自分の子供の様子をよく観察して睡眠時間が足りているようかを見極めてあげることが大切なんですって。
朝、ぐずぐずしてなかなか起きてこられない様子だったり、午前中にぼーっとしている様な様子があったらそれは睡眠不足なのかもしれません。
また、寝不足でテンションが妙に高いという子供もいますから、その変なはお母さんやお父さんしかわからないことかもしれませんね。
子供も大人も自分に一番合っている睡眠時間を見つけて、しっかりと睡眠をとれれば朝から元気に活動できるということでしょう。
私にはそれがきっと6時間ぐらいだと思います。

日の丸の扇子はおめでたい
お年玉付き年賀はがき当選発表
年賀はがきのお年玉くじの景品は1等がなんと現金10万円など豪華さがアップ。来年、再来年もどんどん魅力が上乗せ。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»